ブログランキング
Jose

2006年10月06日

方法シリーズ PCがフリーズ、またはページが開き難くなる原因

■号外編■
先日、僕の弟から電話が掛かってきて、「職場のパソコンがよく固まるのでどうしたらいいか」という相談を受けました。 弟には口頭で説明しましたが、初心者の弟にはうまく伝わらなかったのではないか、という懸念が残りました。 僕の解る限りで、弟に伝えるつもりでここに書いていきます。

パソコンが固まる(フリーズ)、またはページが開き難くなったりする原因
A. 画像や動画が多い。 またはWordなどのファイルが多い。
B. デスクトップ上(パソコンを起動させた時の画面)の保存ファイルが多い。
C. デフラグ(最適化)を長い間やっていない。
D. 速度(CPU)の単位MHzが小さい。 少なくとも500MHzはあるのが理想的。
E. メモリー(MB)が小さい。 少なくとも64MBはあるのが理想的。
F. ファイルの容量(GB)が小さい。 少なくとも10GBは必要。
G. 電話線が錆びている。 もしくはジャックが錆びている。 どちらか一方が錆びている場合でも両方代えることが必要。 NTTに頼むと無料ですぐにやってくれる。
H. ハードディスクが壊れている。 寿命が来ている可能性もあるので、取り替えるか新しいPCを買いなおす。 修理は5千円から2万円位でやってくれる所もあるので、高額な修理代を要求するところにはGood-Bye!
I. パソコン自体が故障している。 修理か、または買いなおすことが必要。 修理は5千円から2万円位でやってくれる所もあるので、高額な修理代を要求するところにはGood-Bye!
J. TA(ターミナルアダプター)、モデムが壊れている。 プロバイダに頼んで新しいものと取替えを頼むと、通常は無料で送ってくれる。
K. Norton Utilities(ノートンユティリティー)のNorton WinDoctorを使っていない。 但し、あまり頻繁に使っていると、必要なファイルまで消去してしまう可能性もあるので、適度な頻度で使うことが必要。
L. ファイヤー(ファイアー)ウォール(Fire Wall)などのソフトを入れている。 取り外して、プロバイダーが提供するオンラインのワクチン(無料か月何百円の世界)を使う方が良い。

以上が現時点で僕が思いつく原因です。 以下にポイントをまとめておきます。

--D.E.Fは2000年以降製造の新しいパソコンには考え難いので、あまり心配する必要はないと思います。
--L.のFire Wallが原因であることはよく知られていると思います。 
--パソコンが壊れていない場合、多くの場合はA.B.などのファイルが整理されていないことや、G.の電話線が錆びていることがカナリ多いです。
--C.K.のデフラグやNorton Utilitiesは、職場のパソコンでは見落としがちで、ひどい場合は何年もやっていない所もあります。 何年もやっていない場合、修復が不可能になる場合もあります。 だからと言って、毎日とか毎週のようにやると、必要なファイルを失う場合もまれにあります。 月に1回くらいで良いと思います。

他に原因を知っている人がいらっしゃったら、御教授・御鞭撻下さい。



効吉!







方法シリーズ | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 ☀
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※上記の文字を半角で入力してください。 最近メールで無差別に送られる(特に海外からの…)コメントを防ぐ為の便宜上の設定です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。