ブログランキング
Jose

2006年10月02日

今日のひとこと 「国際競争力ランキング」に騙されるアホはおらんだろな?!

■号外編■

「国際競争力ランキング」というものが出ています。
1位.スイス
2位.フィンランド
3位.スウェーデン
4位.デンマーク
5位.シンガポール
6位.アメリカ
7位.日本
8位.ドイツ
9位.オランダ
10位.イギリス

リンク

フジテレビのFNNでは以下のように報道してます。
息切れが見え始めたアメリカ経済に対して、景気拡大が続く日本経済が、国の競争力で追い抜く可能性が出てきた。 世界経済フォーラムによる2006年の競争力ランキングでアメリカは、トップの座をスイスに奪われて、6位に転落した。 世界経済フォーラムのチーフエコノミスト、ロペスクラロス氏は「アメリカ経済は、重大な調整局面を迎えた。アメリカ政府は、赤字の削減に真剣に取り組む必要がある」と話した。 日本は、技術革新などで高い評価を得て、10位から7位に浮上した。 一方、アメリカでは、経常赤字が2006年に過去最悪を更新する勢いで、対照的な動きを見せている。 技術革新を重点政策に掲げる安倍政権が発足した日本だが、さらなる飛躍が実現するのか、世界の目が再び日本に注がれ始めている。[1日10時3分更新]
リンク
なるほど、喜んでますね。 10位から7位に格上げですか… アホ! どこ見てこのランキングが正しいと思うんかい?!

1位.スイス---「Swatchだっけ、あの有名な時計?」
2位.フィンランド---「フィンランド人って会ったことないなぁ…」
3位.スウェーデン---「スウェーデン? あぁ、あの福祉天国・税金地獄のね…」
4位.デンマーク---「デンマークはあのデニッシュ(あのパンみたいな、ケーキみたいな…)の発祥地?」
5位.シンガポール---「法律が厳しくて、食料自給率0%で万年水不足のあの孤島?」
6位.アメリカ---「あぁ、まぁ10位以内なら納得…」
7位.日本---「あぁ、まぁ10位以内なら納得…」
8位.ドイツ---「ビールと機械で有名だね。」
9位.オランダ---「チューリップと水車と麻薬で有名。」
10位.イギリス---「英語の発祥地でネスカフェも確かイギリス? でも貧困率がハンパじゃねぇよな。」

そんでアジアを見ると、酷い酷い。 詳しくは↓
コチラ

さて、この馬鹿げたランキングのHPを見てみると、ページの下部に面白いことが書いてあります。
Global Competitiveness Report 2005-2006
This annual study is a valuable tool for shaping economic policy and guiding investment decisions.

【概訳】
世界競争力レポート2005-2006
この年間調査は経済方針の決定や投資を決める為の価値ある資料です。

コチラ
へぇ、「投資」の参考になるってことかぁぁ… つまりこういうことです。
「ヨーロッパには競争力があり、アジアには競争力がない。 だからアジアには投資しても無駄ですよ〜〜! 日本・台湾・香港とか入れないと嘘っぽくなるから一応上位20位には入れて置くけどさぁ〜、投資するなら、やっぱヨーロッパでしょっ! ヨーロッパ人はアジアじゃなくて、同じEU内で投資しましょうよ〜〜! ほら、仲間仲間!」


この他にも、このHPには「総合的に判断した」と書いてありますが、アホらし。 総合的っていうのはな、総合的に色んな産業を見なきゃいけないんだよ! フィンランド・スウェーデン・デンマークの会社の製品なんて見たことねぇよ。 シンガポールみたいに産業が著しく偏っている国のドコに「競争力」があるんだ? 格付けを決めたオッサンたちにはシンガポール出身の嫁さんや愛人でもいるんかい?

俺達がいつも見ている製品、世界中で目にする製品や産業って言ったら、日本の会社やアメリカの会社くらいしかないだろが?! お前ぇらヨーロッパ人が解らんねぇ言語で『グジュグジュ・グジュグジュ』と何を言っても構わんが、汚い手を使ってアジアの邪魔をするんじゃねぇよ。 43位に位置づけられているインドとかの方が、デンマークみたいな国よりもよっぽど投資価値があるぞ。 ボケ!







今日のひとこと | Comment(4) | TrackBack(1) | 香港 ☁
この記事へのコメント
こっちにも書かせてください。私はヨーロッパとの取引がある会社に勤めていますが、このデータを取り上げて、「もうアジアの時代は終わった」などと言っているフランス人がいました。嫌な連中ですね。本当にむかつきます。チンギスハンみたいな人が現れて再度ヨーロッパを一部でを呑み込んでくれると愉快なのに、と思ってしまいます。
Posted by おたたく at 2007年08月17日 02:11
取引相手にそんなこというなんて、レベルの低い連中ですね… ついでにいうと、フランスはトップ10からは完全に外れてますね。 何を言ってんだか…

日本のライバルである中国や韓国の台頭でアジアの全体的な地位が上がっている… なんとも皮肉な現象ですね…
Posted by おたたくさんへ、藤原より at 2007年09月01日 21:40
まさに白人主義ですね。アジアやアフリカと違って白人世界の連帯感は図抜けてると思います。彼らは人種、言語、宗教においてほとんど同じですし、非白人を見下す思想を持ってますから、その敵に対しての連帯感というのもあるのでしょう。アジアやアフリカに紛争の種をばら撒くのも白人の得意技です。悲しいのはその白人による非白人分断政策に簡単に引っかかって民族紛争を繰り返すアフリカ人や中韓ばかりに目がいって白人からの侮辱行為には甘い我々日本人の情けなさです。これを打破しない限り白人が支配する世界という現実を変えることはできないでしょう。
Posted by ロレロレっち at 2007年09月06日 14:16
ネット上の話になりますが、youtubeなどを見ると、白豪主義が顕著に出ています。 顔が見えない分、ネットはその人間の本性をモロに出す時がありますね。 日本人に対しての侮辱的な発言には僕も皮肉で持って反論する時があります… ハッキリ言って面倒ですが、言わないと気が済まない。 人間は本当にいつ進化するのか…
Posted by ロレロレっちさんへ、藤原です at 2007年09月10日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※上記の文字を半角で入力してください。 最近メールで無差別に送られる(特に海外からの…)コメントを防ぐ為の便宜上の設定です。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。